トップ

アパートローンとは

不動産の費用に関して知る

不動産担保ローンの利用法

不動産は、利用状況にかかわらず固定資産税などの維持費がかかる反面、その資産価値を担保にすることで資金調達のコストを抑える機能があります。 法人向けアパートローンで、土地の資産価値を担保にアパートの建設資金を借りれば、家賃収入を返済に充てることで、少ない自己資金でも不動産による資産形成が可能です。 ローンの返済方式には、毎月の返済金額を一定にする元利均等と、元金を一定にして利息が徐々に逓減する元利均等方式の二種類があります、 アパートのような、長期間安定収入が見込まれる投資では、元利均等方式が有効です。

法人向けアパートローンの借り方

法人向けの借入には、運転資金や設備資金などの用途区分があり、それぞれに返済期間や返済方式の選択肢があります。不動産を担保に賃貸アパート、マンションの投資資金を借りるアパートローンは、家賃収入という確実な返済原資と、万一返済が滞った場合の担保となる不動産があるので、長期低金利の資金が利用できます。返済方式は、元金を毎月定額にして金利を加算する元金均等と、返済額を一定にする元利均等があります。元金均等方式は、元金の減少が返済負担の軽減に目に見えてつながるので達成感がありますが、毎月の家賃という安定収入を原資とするので、元利均等が安心です。

↑PAGE TOP