トップ / 不動産の購入を検討する

不動産は大きな資産

不動産の購入を検討する

不動産の資産としての魅力

不動産の大きな特徴として希少性という性質があります。これは二つと同じものは無いという意味です。例えば土地を例にすると、同じ町内で50坪の土地は多々あるでしょう。しかし道路の位置や広さ、また縦長の50坪なのか横長の50坪なのか、或いは駅までの距離はどうなのか、スーパーはどうか等々、こう考えていくと同じものはないという結論に達します。その為不動産は高価な価格です。土地や建物が高価なのはこの希少性があるからなのです。

不動産の初期費用がかなり必要

不動産を借りる場合には、まずは敷金や礼金、仲介手数料などの支払いが発生することになるので、最初のかなり多くの資金を用意しておくことが必要になります。新築物件の場合には、敷金や礼金が家賃の2か月分以上に設定されていることがあるので、かなり初期費用が割高となってしまいます。人気が高い物件は初期費用が高くなる傾向があるので、少し築年数が経過している物件のほうが敷金や礼金を安くしてもらうことができ、初期費用を安くすることができます。

↑PAGE TOP