トップ / 好条件の資金調達とは

安定のアパートローン

好条件の資金調達とは

潤っている企業に不動産は優しい

定期的に新たな人材を雇用している法人向けのアパートローンは、連帯保証人が不必要時の規定がよく準用されます。事業が徐々に大きくなっていく証拠になりますから、返済に頭を抱えた結果として事業がままならず不動産に適用される義務を果たせなくなる確率が低いからです。社会情勢によって状況が刻々と変化するものの、安定した法人向けのアパートローンは連帯保証人を確保する必要性が皆無に等しいです。人的担保の不必要時は不動産を得る折の負担が激減するために、さらなる事業の発展が見込めて新規の契約に漕ぎ着けるとする売主の思考も反映されます。

法人向けアパートローンの条件

不動産は、所有者に固定資産税などの固定費がかかる反面、資産を担保にすれば低金利や大きな金額など、好条件の資金調達ができるので、利用しないでも価値を生み出すことができます。せっかくの不動産の価値を担保に、アパートローンを借りれば、毎月の家賃収入を返済に充てられるので、少ない手元資金で事業の多角化が可能です。中小企業が法人向けのローンを借りる時は、経営者などが連帯保証人になることを条件とする場合が多いですが、資産を担保にすれば保証人の条件が軽減されます。法人向けローンの連帯保証は事業承継の足かせになることもありますが、保証人不必要時は、後継者も保証人になる必要がなくて安心です。

↑PAGE TOP