トップ / 異なる担保設定に関して

担保の設定に関して

異なる担保設定に関して

業務用の道具を不動産用に供する

法人向けのアパートローンには、個人と異なる担保が設定されます。買主の返済能力が低下した場合、取得することになる土地および建物が債権者の手に渡るように手続きが行われるのは全般的に同様です。その一方で不動産を法人向けのアパートローンで得ようとするならば、事業で多用する車両や建物も担保にしなくてはなりません。労働者の資産に手が付けられないために、業務用のさまざまなものが対象になるというわけです。もしも不動産にまつわる支払いが停滞してしまうなら、金策を重ねて得た物件を手放すだけでなく仕事道具も失うことになります。

法人向けアパートローン

賃貸マンションやアパートなどを担保にして融資を受けるタイプのローンのことをアパートローンと呼びますが、このタイプのローンでは不動産を担保にすることによって通常のローンよりも低金利かつ多額の融資を受けられるというのが特徴となっています。そのため、個人では複数の借金を一本化するための目的でこのタイプのローンを組んだり、法人の場合には事業用の資金を調達する目的で利用されるのが一般的です。しかしながら、前述したようにアパートローンでは多額の融資を受けられるがゆえに、審査は通常のものと比較して厳しい傾向にあります。特に法人向けのものの場合、不動産の収益性が審査では重要なポイントとなってきます。

↑PAGE TOP