トップ / 法人向けのローンとは

資金調達はローンで

法人向けのローンとは

不動産担保ローンの借入期間

法人向けのローンは、事業資金と設備資金に分類されます。 アパートローンは、設備資金に分類される不動産担保ローンで、家賃収入を返済原資として、不動産の資産価値を万一の延滞に備えた担保として利用します。 法人の事業資金は、返済期間3年から5年程度が一般的ですが、設備資金の中でも担保のあるアパートローンでは、設備の耐用年数が住宅用で最長50年と長期なので、返済期間も35年までの長期間が可能です。 空室リスクや、修繕費などのコストも発生するので、収入を全額返済に回す計画よりも、予定は長期にしておいて、資金がたまったら繰上げ返済をするのが安心です。

法人向けアパートローンの返し方

事業経営の中でも、景気に左右されずに安定収入が見込める賃貸経営は経営の多角化の手段として有効です。不動産を担保にしてアパートローンで資金調達、家賃収入を返済原資にすれば、少ない手元資金で資産形成が可能です。法人向けローンの中でも、不動産を担保にするアパートローンは、運転資金に比べて返済期間を長期にすることが可能です。元金が高額で、返済も長期になる間、事業は常に好業績とは限らないので、毎月の返済額には余裕を持って、返済期間はできる限り長く、約定の返済額は低めに設定して、余裕資金ができた時には繰上げ返済をするよう心がけると安心です。

↑PAGE TOP